読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去

過去に戻れないのは分かっているつもり

でも失敗した過去をやり直したい

あのせいで人生は大きく変わった

だからその前に戻りたい

でも戻ったところで、今の記憶がないのだからまた同じ失敗をする

それならもっと過去に戻ればやり直せる

でもその時の記憶はもうほとんど残っていない

起きた事はしょうがない

それだけで気持ちを沈められるだろうか

人が関与しているなら、その人を恨めばまだ救われる

でも自分が起こしたのであれば、誰も恨めない

全ては自分の責任

人の死はなんだろう

リリィマイラブ

子犬の時はそれはもう可愛くて

新聞で紹介されるほど

今は丸々と太り、妊娠ですか?と

あっという間に年を取る

時間は戻せない

でも一緒に過ごしてきた思い出は一生

まだまだ沢山の思い出を作りたい

笑ってお別れができるように

その時のことは考えたくない

先のことを考えるのは人間だけ

考えられるのも人間だけ

何が最善か

乗ってる車で所得が分かり、食べてる物で寿命が分かる

でも、ハッキリとはわからない

高そうな家でも軽四がとまっていたり

ボロい家にベンツがとまっていたり

レクサスで吉野家にきたり

業務用スーパーにベンツが来る

誰でも見栄を張りたい

でも見栄を張ってもお腹は減る

炭水化物ばかり食べていたら、間違いなく寿命は縮む

でも寿命はお金である程度は買える

やっぱりお金はあったほうがいい

アーミッシュ

アーミッシュに興味がある

髪型もマネた

その牧家的な生活

今の現代に必要と言われるが、あの生活は昔から続けているから素晴らしいのであって

今の社会にはそぐわない

車を持たない暮らしはいいかな

被害者にも加害者にもならずに済む

少数派であっても、その少数派でコミュニティを作れば守られる

しかしその内情はわからない

その中では酷いことが起きているかもしれない

外から中は見えないから

尾崎豊

歌の意味でいえば、この人の曲になるだろう

同世代ではないが、時代を歌った部分が多い

その死が取り上げられたが

月日が経ち、尾崎自身

時代(世間)に追いたてられていたのではと感じる

昔のような歌は歌えない、でもカリスマと言われ

そのカリスマらしい曲が求められた

死の間近、とても家族への愛を歌った曲が多いが

それはファンが求めているものではなく

その葛藤が彼をさらに追いたてたのでは

素晴らしい歌、でも時代は変わっていく

中島みゆき

松山千春を検索していると、中島みゆきもヒットする

こちらの曲もいい

同じ北海道、あの大地ではなんというか独特な世界観の曲ができるのだろう

最近「悪女」を知った

その昔、曲の意味が取り上げられ

どういう人間関係なのかが議論されたとか

確かに、一度聞いただけではよく理解できない

ラジオでその内容が解説されたとか

歌に出てくる人間関係を、気にしたのは初めてだ

松山千春

北海道ツアーの中で、足寄庵に寄った

松山千春を全面に出した観光地だ

すでに結構古く年月を感じたが

その時はふーんというぐらいだった

家に帰ると、youtubeで千春の歌を聞きまくった

その歌からは何か、北海道が感じられる

またそのデビュー話もいい、人との縁というか

才能があっても運(縁)が無ければ成功しない

運があっても才能が無いと続かない

いつまでも残る「歌」っていいな