読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その人は

気になっていた家の前をちょくちょく通っていた、何度かお年寄りがいらっしゃるのを見かけたので、あの人が書いていたのかなと

年末その家の前に高級車が止まっていた、あの家って地上げ屋にでも目をつけられているのではと近づく

家の前を通り過ぎる時、見るからにお金持ちの格好をした男性が、

「お父さん、お父さん、紹介する施設に入らない?自分が話しするから」

「足が悪いの?歩ける?大丈夫?」との声が

チラっと目をやると、その男性の手を払うような仕草をされた老人がいた

 

家はかなり古く、ところどころ傷んでおり補修が必要

そんなに裕福な生活はされていないように見えた

息子さんはかなりのお金をお持ちのようだが、その息子さんの世話にはならず

ひっそり生活を送られているように感じた